意外と盲点?曜日や時間で行列回避

ねらい目の時間

それでは、いったいどの時間が行列の少ないねらい目の時間なのでしょうか。
まずはオープン直後。オープンしてすぐはお店の中が空っぽなので、一度にたくさんの人が入ることができます。
注意点としてはオープン前から長い行列ができるお店があるということ、一度にお客様が入ったことで、提供の時間が遅れてしまうことがある、ということでしょうか。

次に特にすいていることが多い、午後の時間。
15時から17時頃がすいているお店が多いです。
昼食と夕食の間なのですいている時間というのもうなずけます。
しかし、こちらもお店によっては閉店している場合もありますので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

最後は深夜の時間。
閉店間際であれば、お客様の足も遠のいている場合があります。
こちらの注意点としては、食材切れなどで出せないメニューがある可能性があるということです。

時間以外のねらい目

時間だけではなく、曜日によってもねらい目があります。
特にすいている曜日、というと難しいのですが、逆に避けるとよい曜日があります。
金曜や土曜の夜、土日の昼などは特に込みやすいと思われますので、ご注意ください。
一般的には水曜日がすきやすいとみられています。
ただし、ビジネス街で普段社会人のお客様でにぎわっているお店などは逆に土日のほうが入りやすい場合があります。

ほかには支店を探す、という方法もあります。
本店は長い行列ができていても、支店は少しまし、ということがあるからです。
直営店であれば、味などもそれほど変わらないと期待できます。
また、フランチャイズであっても同じ看板を出している以上、同様のサービスが期待できるでしょう。