社会人が勉強する意義をまとめた大人のための学習情報サイト

昇進や転職といったステップアップ学習の効率化

ステップアップ試験は資格試験と社内試験

ステップアップ試験は目的ごとに存在し、就職できる職種や役職の幅を広げるための資格取得を目的とした資格試験と社内での昇進や昇格を目的とした社内試験の二つが主となります。

資格試験には国家資格・公的資格・民間資格があり、国家からの認定を受けた国家資格と公的機関からの認定を受けた公的資格は、広く認知されており、就職・転職・キャリアアップのいずれにおいても、一定の効果が望める資格や、独立するにあたって不可欠な資格など、重要性の高い資格が集中していますが、民間資格の場合は、ごく狭い範囲でのみ効果を発揮する資格であることから、ステップアップに重点を置いて考えるのであれば、取得優先度はさほど高くはありません。

社内試験は、昇進試験と昇格試験がありますが、いずれも社内での出世や部署移動のための試験で、一般教養と業務内容に即したシチェーション問題等が出題される傾向にあります。

ステップアップのための効率的勉強

ステップアップを目的として据えて勉強に取り組む際に、最大のネックとなるものは、やはり時間でしょう。

なぜなら、ステップアップ学習は資格取得や社内試験の合格といった形で具体的な成果を得ることが肝要であることから、どうしても時間が必要となるからです。

では、どのような時間の捻出方法が考えられるかというと、通勤時間や小休止、昼休み等の空き時間を利用するのが最も現実的な手段の一つとなります。

この方法は、社会人が学生とは違い、まとまった時間の捻出が難しいことに加えて、労働による疲労から長時間の集中が難しいことの二点に対処可能な学習方法で、短時間に集中して学習に取り組む習慣を身に着けるためにも有効であること含めると、三つの利点がある効率的な学習方法であることから、特にステップアップ学習に最適な効率性の高い勉強法なのです。


TOPへ戻る